TEKKIN(鉄筋)シャツが今一番熱い筋トレの近道であるという意見について

脇腹に溜まっていく脂肪…だらしなく丸まった背筋…その身体、ヒミツのダイエットシャツ、「TEKKIN(鉄筋)シャツ」の力で何とかしてみませんか?

着圧のパワーが腹筋や背筋を鍛え、たるんだ脇腹や姿勢を改善し、自然と痩せる身体に生まれ変わります!

鉄筋シャツについて教えて!~加圧トレーニングのパワー~

よろしい、それではちゃちゃっと説明しますよ!

鉄筋シャツは、プロスポーツ選手の筋力トレーニングのサポート役として開発された、加圧シャツです。

「加圧って、あの加圧トレーニングの加圧?」

そうです、そして鉄筋シャツは、その加圧の力を取り入れたシャツなんです!

けれど加圧トレーニングって、実際にどういうものなのか、まだまだ理解されている方って少ないのかもしれませんね。

ですから、ここで色々解説していきましょう!

  • 加圧トレーニングが良いとされる理由

加圧トレーニングを取り入れると、成長ホルモンの分泌を促します。

この成長ホルモンは老化や肥満の抑制効果があり、私達人間が生きていく上で欠かせない存在なのです。

この加圧トレーニングで分泌される成長ホルモンは、通常のトレーニングのおよそ290倍とも言われています。

成長ホルモンが分泌されることで、怪我の治りが早くなるので、捻挫や骨折などの治療やリハビリにも活用されるようになりました。

加圧-除圧-加圧-除圧…と繰り返し行うと、健康的な弾力のある血管に戻るので、血流が活発になり、新陳代謝も良くなり、冷え性、むくみ、腰痛の改善にも役立ちます。

背筋を鍛えると姿勢が良くなる?

背中が真っ直ぐになるだけで、何となく凛として見える気がしませんか?

モデルさん等が分かりやすい例ですが、真っ直ぐ佇む姿は、やはり格好いいものです。

けど姿勢を正すのって、結構難しいですよね。

姿勢を良くするのに重要なのは、実は「背筋」なんです。

背筋を鍛えなければ、背中を真っ直ぐにするのは結構厳しいかも。

この背筋を鍛えることで、どうして姿勢が良くなるんでしょう?

まず、背中の上部に位置する広背筋を鍛えると、肩甲骨に意識が傾きます。

その肩甲骨を寄せることで、自然と胸が開きます。

また、背中の下部に位置する脊柱起立筋を鍛えると、腰~背筋が強くなって、上半身をがっしりと支えられる程に逞しくなります。

やはり姿勢というのは、常日頃意識していないと正せないものですが、背筋を鍛えることで自然と後ろや頭上にグッと引かれる様になって、普通にしていても姿勢が正しい状態になるんです。

猫背って、どんなシチュエーションでも、やっぱり見栄えが悪いですよね。

この、ほんのちょっとした違いが、大きく格好良さに違いが出るんです。

【鉄筋シャツの背筋伸張機能】

鉄筋シャツには伸張バンドが搭載されており、その構造は人体工学に基づいた設計になっています。

この造りによって背筋が伸び、着た瞬間に背中が真っ直ぐになるのです。

背筋を鍛えると姿勢が正される、とは言っても、必ずしも期待できる結果が出るという訳ではありません。

筋肉も正しく鍛えれば見栄えが良くなりますが、不格好な形で鍛え上がってしまうことも素人判断では起こり得ます。

鉄筋シャツを着ることで体が美しく締まるので、筋肉も自然と理想の形になります。

理想形の背筋こそ美しい姿勢の要、鉄筋シャツは姿勢を正すための筋肉作りを促す、特殊構造仕様になっているんです。

  • 鉄筋シャツで背筋を強化!

【福井県 (男性/28歳)】

身体を鍛えるのに、サポーターみたいなのが要るかなと思っていた矢先、鉄筋シャツに目が止まり、白羽の矢を立てました。

着てみたら、背中が真っ直ぐ!気持ちいい……ヽ( ‘ω’ )ノ

しばらく鉄筋シャツ生活を続けていたら、シャツなしでも背中がまっすぐの状態でいられる様になって、背筋が鍛えられた成果かな、と思いました。

思っていたよりも筋肉の付きが早かったので、頃合いを見て追加購入しようかと検討中です。

【秋田県 (男性/51歳)】

ぎっくり腰に見舞われ、あまりの痛さに大の男が半べそをかいてしまいました…。

接骨院では「姿勢を直すように」と言われ、矯正ベルトを中心に探していたんですが、鉄筋シャツは姿勢が直るだけでなく、ダイエットにもなるというではありませんか。

早速買って試したところ、確かに背中の上部が後ろに引っ張られる感覚があり、姿勢が良くなりました。

鉄筋シャツを職場に着て行く生活が始まり、その中で腰が段々楽になっていったことに気付きました。

背中を正した結果でしょうか、加圧の力でしょうか、とにかく以前よりも体の調子がいいのは間違いありません!

腹筋を鍛えるとイイことづくし!

【まずはボテ腹解消!】

腹筋は内臓の位置を支える力があり、その腹筋が衰えることによって内臓が下がってしまいます。

それが結果、お腹がたるんで見える原因となってしまいます。

ですが、腹筋を鍛えれば内臓が体の上部へ戻って行き、正しい位置に配置されるので、下腹部に集まってボテ腹になることもありません。

【代謝の改善】

腹筋に限ったことではありませんが、筋肉を付けるということは、代謝の改善にも繋がります。

【姿勢の改善】

前述の背筋は姿勢において重要だということはご理解いただけたかな~と思いますが、腹筋もまた、姿勢の矯正において役立つ要素。

体幹(体の胴体部分)は、姿勢やバランス間隔を正常にするために必要なインナーマッスルで、腹筋を強くすると体幹の感覚が保たれ、姿勢改善に一役買います。

【便秘解消】

便秘の原因として、前述の内臓が下がって腸が圧迫されることも考えられます。

腹筋がつくと内臓が定位置につくので、内臓が正常に働きます。

同時に腸も活発化するので、便秘の解消になります。

【病気の予防になる】

内臓が定位置に戻るということは、働きが悪かった内臓が健康な状態に戻るということなので、体に溜まった余分なものも、体の外へガンガン排出する様になり、様々な病気を予防することにも役立ちます。

【腰痛改善】

体幹に位置するインナーマッスルを鍛え上げることで、姿勢が正すことに一役買うと言いましたが、それによって体が支えられるので、腰痛を和らげるきっかけになります。

ですが、「腹筋を鍛える」→「腰痛改善」に直結する訳ではありませんので、履き違えません様…。

  • 鉄筋シャツで腹筋を強化!

【長野県 胡麻さん(男性/39歳)】

半年近く前から鉄筋シャツを使用していますが、すっかり相棒みたいな存在ですね。

昔鍛えた時も、結構良い筋肉してた筈なんですけど、今の筋肉とは比べ物にならないなって今では思います。

やはり形が段違いで綺麗であるのが、一番の理由ですね。

鉄筋シャツの締め付け具合が、いい効果を生んでるんだと実感してます。

【茨城県 大和さん(男性/31歳)】

一日中ずーっと椅子に座っている状態で仕事をしていると、どうしても下腹がたるんできます。

そこで鉄筋シャツに目をつけたんですが、この選択は正しかったと思います。

着てるとまず加圧の力を感じ、出っ張った下腹も引っ込んで見えるんですが、思ってもなかったのが筋肉痛になったことですね(笑)

段々体も慣れてきて、鉄筋シャツを着ない状態でも下腹が出なくなったんですが、ちょっと気持ち割れてきたかもしれません、特別なことはしてないんですが、トレーニングしながらだとまた違うんでしょうか。

体重も結構落ちましたね、二ヶ月で13kgは減りました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加